世纪气象云

 找回密码
 注册

QQ登录

查看: 34458|回复: 32
收起左侧

[民谚分析] 七十二候

[复制链接]
发表于 2009-11-18 02:34 | 显示全部楼层 |阅读模式
一、候与候应

                  
候是我国农历中,阳历节气的细化单位。原立春起5天一候,一年73候,后改为每节气3候,一年72候。其中包含了我国各时期天文学的积累进步,和各天文学家的巨大贡献,包罗万象,是中华民族的文化精髓,限于个人学识,无法对发展进程解释清楚,请各位补充。
                     
各候均以一个物候现象相应,称为候应。候应包括动物候应、植物候应、气象候应(非生物候应)。虽然古人对物候解释未必正确,但现象观测记录为农业等相关行业提供了重要的季节作业经验和依据。
                        
二、中国七十二候歌
十二月七十二候歌 《万病回春》 [明] 龚廷贤

   
立春正月春气动,东风能解凝寒冻; 土底蛰虫始振摇,鱼陟负冰相戏泳;
  
半月交得雨水后,獭祭鱼时随应候; 候雁时催归北乡,那堪草木萌芽透。
   
惊蛰二月节气浮,桃始开花放树头; 鸧鹧鸣动无休歇,崔得胡鹰化作鸠;
   
春色平分纔一半,向时玄鸟重相见; 雷乃发声天际头,闪闪云开始见电。
   
芳菲三月报清明,梧桐枝上始含英; 田鼠化鴽人不觉,虹桥始见雨初晴;
   
三月中时交谷雨,萍始生遍闲洲渚; 鸣鸠自拂其羽毛,戴胜降于桑树隅。
   
立夏四月始相争,知他蝼蝈为谁鸣; 无端坵蚓纵横出,有意王瓜取次生;
   
小满瞬时更叠至,闲寻苦菜争荣处; 靡草千村死欲枯,微看初暄麦秋至;
   
芒种一番新换豆,不谓螳螂生如许; 鵙者鸣时声不休,反舌无声没半语。
   
夏至纔交阴始生,鹿乃解角养新茸; 阴阴蜩始鸣长日,细细田间半夏生;
   
小暑乍来浑未觉,温风时至褰帘幙; 蟋蟀纔居屋璧诸,天崖又见鹰始挚。
        
大暑虽炎犹自好,且看腐草为萤秒; 匀匀土润散溽蒸,大雨时行苏枯槁。
         
大火西流又立秋,凉风至透内房幽; 一庭白露微微降,几个寒蝉鸣树头;
         
一瞬中间处暑至,鹰乃祭鸟谁教汝; 天地属金始肃清,禾乃登堂收几许;
            
无可奈何白露秋,大鸿小雁来南洲; 旧石玄鸟都归去,教令诸禽各养羞。
           
自入秋分八月中,雷始收声敛震宫; 蛰虫坏户先为御,水始涸兮势向东;
         
寒露人言晚节佳,鸿雁来宾时不差; 雀入大水化为蛤,争看篱菊有黄花;
           
休言霜降非天意,豺乃祭兽班时意; 草木皆黄落叶天,蛰虫咸俯迎寒气;
            
谁看书来立冬信,水始成冰寒日进; 地始冻兮折裂开,雉入大水潜为蜃;
              
逡巡小雪年华暮,虹藏不见知何处; 天升地降两不交,闭寒成冬如禁锢;
           
纷飞大雪转凄迷,鹖旦不鸣马肯啼; 虎始交后风生壑,荔挺出时霜满溪。
            
短日渐长冬至矣,蚯蚓结泉更不起; 渐渐林间麋角解,水泉摇动温井底;
            
去岁小寒今岁又,雁声北乡春去旧; 鹊寻枝上始为巢,雉入寒烟时一雊。
                     
一年时尽大寒来,鸡始乳兮如乳孩; 征鸟当权飞厉疾,泽腹弥坚冻不开;
            
五朝一候如麟次,一岁从头七十二; 达人观此发天机,多少乾坤无限事。
                        
                        
中国与日本七十二候对照表

                           
来源:wikipedia日文版
二十四節気
略本暦(日本)宣明暦(中国)


名称意味名称意味
立春初候東風解凍東風が厚い氷を解かし始める東風解凍東風が厚い氷を解かし始める

次候黄鶯睍睆鶯が山里で鳴き始める蟄虫始振冬蘢りの虫が動き始める

末候魚上氷割れた氷の間から魚が飛び出る魚上氷割れた氷の間から魚が飛び出る
雨水初候土脉潤起雨が降って土が湿り気を含む獺祭魚獺が捕らえた魚を並べて食べる

次候霞始靆霞がたなびき始める鴻雁来雁が北へ渡って行く

末候草木萠動草木が芽吹き始める草木萠動草木が芽吹き始める
啓蟄初候蟄虫啓戸冬蘢りの虫が出て来る桃始華桃の花が咲き始める

次候桃始笑桃の花が咲き始める倉庚鳴山里で鶯が鳴き始める

末候菜虫化蝶青虫が羽化して紋白蝶になる鷹化為鳩鷹が郭公に姿を変える
春分初候雀始巣雀が巣を構え始める玄鳥至燕が南からやって来る

次候桜始開桜の花が咲き始める雷乃発声遠くで雷の音がし始める

末候雷乃発声遠くで雷の音がし始める始雷稲光が初めて光る
清明初候玄鳥至燕が南からやって来る桐始華桐の花が咲き始める

次候鴻雁北雁が北へ渡って行く田鼠化為鴽熊鼠が鶉になる

末候虹始見雨の後に虹が出始める虹始見雨の後に虹が出始める
穀雨初候葭始生葦が芽を吹き始める萍始生浮き草が芽を出し始める

次候霜止出苗霜が終り稲の苗が生長する鳴鳩払其羽鳴鳩(いかる)が羽を払う

末候牡丹華牡丹の花が咲く戴勝降于桑郭公が桑の木に止って蚕を生む
立夏初候蛙始鳴蛙が鳴き始める螻蟈鳴雨蛙が鳴き始める

次候蚯蚓出蚯蚓が地上に這出る蚯蚓出蚯蚓が地上に這出る

末候竹笋生筍が生えて来る王瓜生王瓜(からすうり)の実が生り始める
小満初候蚕起食桑蚕が桑を盛んに食べ始める苦菜秀苦菜(にがな)がよく茂る

次候紅花栄紅花が盛んに咲く靡草死薺(なずな)など田に生える草が枯れる

末候麦秋至麦が熟し麦秋となる小暑至ようやく暑さが加わり始める
芒種初候螳螂生螳螂が生まれ出る螳螂生螳螂が生まれ出る

次候腐草為蛍腐った草が蒸れ蛍になる鵙始鳴鵙が鳴き始める

末候梅子黄梅の実が黄ばんで熟す反舌無声鶯が鳴かなくなる
夏至初候乃東枯夏枯草が枯れる鹿角解鹿が角を落とす

次候菖蒲華あやめの花が咲く蜩始鳴蝉が鳴き始める

末候半夏生烏柄杓が生える半夏生烏柄杓が生える
小暑初候温風至暖い風が吹いて来る温風至暖い風が吹いて来る

次候蓮始開蓮の花が開き始める蟋蟀居壁蟋蟀が壁で鳴く

末候鷹乃学習鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える鷹乃学習鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える
大暑初候桐始結花桐の実が生り始める腐草為蛍腐った草が蒸れ蛍となる

次候土潤溽暑土が湿って蒸暑くなる土潤溽暑土が湿って蒸暑くなる

末候大雨時行時として大雨が降る大雨時行時として大雨が降る
立秋初候涼風至涼しい風が立ち始める涼風至涼しい風が立ち始める

次候寒蝉鳴蜩が鳴き始める白露降朝露が降り始める

末候蒙霧升降深い霧が立ち込める寒蝉鳴蜩が鳴き始める
処暑初候綿柎開綿を包む咢(がく)が開く鷹乃祭鳥鷹が捕らえた鳥を並べて食べる

次候天地始粛ようやく暑さが鎮まる天地始粛ようやく暑さが鎮まる

末候禾乃登稲が実る禾乃登稲が実る
白露初候草露白草に降りた露が白く光る鴻雁来雁が飛来し始める

次候鶺鴒鳴鶺鴒(せきれい)が鳴き始める玄鳥帰燕が南へ帰って行く

末候玄鳥去燕が南へ帰って行く羣鳥養羞多くの鳥が食べ物を蓄える
秋分初候雷乃収声雷が鳴り響かなくなる雷乃収声雷が鳴り響かなくなる

次候蟄虫坏戸虫が土中に掘った穴をふさぐ蟄虫坏戸虫が土中に掘った穴をふさぐ

末候水始涸田畑の水を干し始める水始涸田畑の水を干し始める
寒露初候鴻雁来雁が飛来し始める鴻雁来賓雁が多数飛来して客人となる

次候菊花開菊の花が咲く雀入大水為蛤雀が海に入って蛤になる

末候蟋蟀在戸蟋蟀が戸の辺りで鳴く菊有黄華菊の花が咲き出す
霜降初候霜始降霜が降り始める豺乃祭獣山犬が捕らえた獣を並べて食べる

次候霎時施小雨がしとしと降る草木黄落草木の葉が黄ばんで落ち始める

末候楓蔦黄もみじや蔦が黄葉する蟄虫咸俯虫がみな穴に潜って動かなくなる
立冬初候山茶始開山茶花が咲き始める水始氷水が凍り始める

次候地始凍大地が凍り始める地始凍大地が凍り始める

末候金盞香水仙の花が咲く野鶏入水為蜃雉が海に入って大蛤になる
小雪初候虹蔵不見虹を見かけなくなる虹蔵不見虹を見かけなくなる

次候朔風払葉北風が木の葉を払い除ける天気上勝地気下降天地の寒暖が逆になる

末候橘始黄橘の葉が黄葉し始める閉塞而成冬天地の気が塞がって冬となる
大雪初候閉塞成冬天地の気が塞がって冬となる鶡鳥不鳴やまどりが鳴かなくなる

次候熊蟄穴熊が冬眠のために穴に隠れる虎始交虎が交尾を始める

末候鱖魚群鮭が群がり川を上る茘挺出大韮が芽を出し始める
冬至初候乃東生夏枯草が芽を出す蚯蚓結蚯蚓が地中で塊となる

次候麋角解大鹿が角を落とす麋角解大鹿が角を落とす

末候雪下出麦雪の下で麦が芽を出す水泉動地中で凍った泉が動き始める
小寒初候芹乃栄芹がよく生育する雁北郷雁が北に渡り始める

次候水泉動地中で凍った泉が動き始める鵲始巣鵲が巣を作り始める

末候雉始雊雄の雉が鳴き始める野鶏始雊雄の雉が鳴き始める
大寒初候款冬華蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す鶏始乳鶏が卵を産み始める

次候水沢腹堅沢に氷が厚く張りつめる鷙鳥厲疾鷲・鷹などが空高く速く飛び始める

末候鶏始乳鶏が卵を産み始める水沢腹堅沢に氷が厚く張りつめる

评分

3

查看全部评分

发表于 2009-11-18 13:22 | 显示全部楼层
节气候应科普也开始了,热烈鼓掌!

显然,虽然同处东亚,但是日本列岛和中国大陆的气候是不尽一致的,所以应候的谚语不完全相同。
发表于 2009-11-18 15:37 | 显示全部楼层
节气候应科普也开始了,热烈鼓掌!

显然,虽然同处东亚,但是日本列岛和中国大陆的气候是不尽一致的,所以应候的谚语不完全相同。
li0627 发表于 2009-11-18 13:22

有没棒子 越南的
发表于 2009-11-18 18:24 | 显示全部楼层
本帖最后由 yanjingshe 于 2009-11-18 19:40 编辑

候应包括动物候应、植物候应、气象候应、水文候应。比如鸟类的产卵、孵化、鸣叫、迁飞,昆虫的发声、出现、蛰伏,植物的发芽、开花、结实、落叶,初终霜、雪、积雪、雷暴、结冰、解冻等。(对上述帖子的一个小总结)h:11

各种动植物物候出现的迟早,主要受气候周年变化的制约。影响地区间的物候期的主要因子有:纬度,海拔高度,海陆分布,地形等。

评分

1

查看全部评分

 楼主| 发表于 2009-11-19 10:51 | 显示全部楼层
原来蜀山将本帖置顶,差点找不到。(还是别置顶了)
              
日本的物候貌似较科学,没有“雀入大水為蛤”、“野鶏入水為蜃”(日文)之类的神话,可能是日本物候比中国迟整理的缘故。
               
不过日本至今很重视物候,中国呢?
发表于 2009-11-19 11:35 | 显示全部楼层
日本各地氣象台至今還記錄物候,觀察的動物、植物至少各5種:

植物───櫻花(開花日)、繡球花(開花日)、梅花(開花日)、銀杏(黃葉日)、楓(紅葉日)。。。
動物───蟬(初鳴日)、瓢蟲(初見日)、日本樹鶯(初鳴日)、燕子(初見日)、某種蝴蝶(初見日)。。。

比如:http://www.fukuoka-jma.go.jp/fuk ... t/press090917_2.pdf

中国呢?~~
 楼主| 发表于 2009-11-19 11:55 | 显示全部楼层
6# kitty8123
这报告日本的物候观测真详细。是否日本物候观测所之类,是属于气象台的?
发表于 2009-11-19 12:31 | 显示全部楼层
 楼主| 发表于 2009-11-20 02:59 | 显示全部楼层
OWEN,国内测候所之类是归农业局的吧?分布密度多大?(是叫测候所?)
发表于 2010-1-4 12:21 | 显示全部楼层
国内有这类机构么?都没听过
您需要登录后才可以回帖 登录 | 注册

本版积分规则

手机版|Archiver|世纪气象云  | | | 关于我们

GMT+8, 2019-3-23 06:16 , Processed in 0.095045 second(s), 27 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表